作業者

災害を防止するために必要な地質調査|安全に住める住宅環境

  1. ホーム
  2. 建設する前に地盤調査

建設する前に地盤調査

工事

地盤と調査の重要性

戸建て住宅やマンション建設などを行う際、必ず行なうものとしてあるのが地盤調査である。地盤調査は、その地盤の性質や固さなどを調査するものである。調査結果により地盤改良を行い地盤を強化したり、杭を打つ場所や深さなどを決める重要な調査となる。建物については、固い地盤の上に建てなければ、建物への地震対策などを行っても十分とは言えない。その為、地震対策においては建物への対策以上に地盤への対策が重要視されている。また、地盤の状態が悪いと、建物を建てた後時間の経過とともに、ゆがみなどが発生し、住むことができなくなるケースもある。これらのように、建物を建設する場合には十分に地盤調査を行い、その結果への対策が重要である。

調査方法とは

地盤調査では、ボーリング調査が行われることが一般的である。地盤の中にポールのようなものを埋め込み、地盤の状態が調査される。また、地盤の上から圧力をかけるなどにより、その地盤の固さなどが調査されるということもある。地盤の状態については、例えば雨が降った後などでは緩くなっていたり、乾燥した状態では沈み込みやすくなるなど、天候や環境状況により違いが生じてくる。その為、地盤調査を行う場合には何度か調査を行い、それらの平均値を出すなどして調査することが最適である。最近では、地盤調査の方法についても進化しており、専用の機械で簡単に調べられるようになってきている。これらを使用することで手間なく調査できることから、業者で取り入れられてきている。