作業員

災害を防止するために必要な地質調査|安全に住める住宅環境

建設する前に地盤調査

工事

住宅などを建設する場合、必ず行わなければならないものとして地盤調査がある。地盤調査を十分行わないと地震の際に建物が倒壊しやすくなったり、家の傾きなどの原因になり易い。調査では、より簡単に行えるように進化してきている。

土地の調査

作業者

その土地の状態を調査できる土壌汚染調査は、様々な場面で利用することができるものです。特に、この調査は短期間で行うことができるものであるために、早急に結果が欲しい場合であっても気軽に利用することが可能になっています。

家を建てる前の調査

工事現場

調査が必要です

住宅を建てる前には、必ず地質調査を行う必要があります。平成12年の建築基準法の改正により、地質調査が実質義務化されました。家の土台である地盤に欠陥があると、家が傾くなどの問題が起こります。ですから、安全な家を建てるには地質調査は欠かせないものです。この地質調査を依頼するときは、通常ハウスメーカーや工務店の紹介で、地質調査会社に調査を依頼します。しかし、家の安全に関わることなので、調査会社の選定は慎重に行いたいものです。ですので、地質調査会社はご自身で選定することをおすすめします。複数の会社に見積もりを依頼して調査内容の説明を受け、不明な点や心配なことをよく確認しておきましょう。現在、地質改良工事を行う会社と調査を行う会社は分けたほうがいいというのが一般的な意見です。地質調査を専門に行っている会社があるので、こちらに調査を依頼するといいでしょう。

瑕疵担保責任法

建築基準法の改正で、地質調査は実質義務付けられることになりました。また、これとは別に新築瑕疵担保履行法が制定されたことの影響もあります。新築住宅の施工会社は、新しく立てた住宅の瑕疵保証が義務付けられました。この瑕疵保証とは、住宅に欠陥が見つかった際、施工会社が負う補修や賠償の責任のことです。この住宅瑕疵担保責任法では、施工会社は住宅に対して10年間の住宅瑕疵責任を負い、この瑕疵による補修を確実に行うために資力の確保を義務化しました。法律では、施工会社に保険への加入か供託が義務付けられています。瑕疵担保保険に加入するためには、設計基準に沿った住宅を建てる必要があり、このため地質調査が必ず行われるようになりました。

防火管理の自主性を高める

男性

平成13年に新宿区歌舞伎町で起こった雑居ビル火災がきっかっけとなり、防火対象物点検制度が発足しました。消防計画に基づいて、さまざまな項目で防火管理者による点検が行われます。人の命を守るために必要不可欠な制度となっています。